カギ製作 札幌市南区

紛失鍵製作の依頼で南区に出張です。

依頼されたのはこちらのカギ。これはなんのカギでしょう。

いまいちなんなのかわかりませんが、なんかのパーツでカギを開錠したらレバーが引けるようになるみたい。

とりあえずメーカーも不明なので片っ端からブランクキーを差し込んでいきます。

とりあえず一本差し込めるものを発見。

ピッチもデプスもわからないのでひたすら手作業でカギを作ります。

これが鍵屋の技術の一つインプレッション。ブランクキーについた傷をたよりにやすり一つでカギを作る技です。

この技術を極めればやすり一つでどんなカギでもその場で作ってしまうことができます。

車のカギだって、家のカギだって‥

はい。僕はそこまでできません(笑)

せいぜい机とかロッカー、あとはある程度段差がわかっている車とかバイクのカギぐらいですね。

なかなか難しいですが練習してできるように頑張ります。

特に車です。ドアとIGが違うシリンダーっていうのがたまーーーにありますからね。

そん時にこの技術がないと困ります。というかできないと作れないよね。そうなったら困るので地道にやすりでガリガリ練習です。

そんで今回のシリンダー。5枚ディスクタンブラーで4段差くらいだったので割と簡単でした!

ディスクタイプならマークが比較的しっかり出て見やすいのでやりやすいです。

ピンシリンダーだとわかりにくいから苦手なんですよね‥今回は助かった。

無事回るカギができました。

しかしこの仕事をやるうえで避けることができないインプレッション。

早く苦手を得意にしないとこれから先が大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)