アパート玄関開錠 MIWA U9 LSP 札幌市中央区

深夜2時に電話で起床。

依頼はアパートの玄関開錠!

ぼーっとした頭でヒヤリング。

鍵の形状や身分証の有無などを聞いて値段を伝えます。

弊社ではこの段階でほぼ100パーセント値段を言います。

たまに鍵の種類なんてまったくわからないっていうお客さんもいますがその場合は最安値と最高値を伝えます。

なので現場で新たな追加作業がなければ電話の段階と金額が変わることはほとんどありません。

最初に聞いてた金額と実際の金額が変わってたらお客さんもびっくりしますよね。

さらに弊社は見てみないとわかりませんっていう言い方もなるべく避けるようにしています。

特にアパートの玄関開錠なんてほとんどパターン決まっているので見積もりだせないわけがないですからね。

ピッキング可能か、不可能か。サムターンがノーマルか、防犯型か。これくらい?

今回は夜間の対応だったので夜間割増料金もしっかり説明。

すべて金額を教えたうえで依頼を受けることになります。

もちろん、途中でキャンセルにする場合のキャンセル料も説明します。

お客さんからしたら鍵なくして焦っているのに、質問攻めかよ、早く来てくれよって思うかもしれませんが。

現場で業者にO万円です。っていきなり言われるよりましだと思うのでこのようにやっています。

今回も電話で伝えた料金で作業。

このやり方をやっているせいか、弊社では料金トラブルはほぼありません。

この仕事で一番嫌でよくあるのが料金に関してのトラブルなのでそれは絶対にないように心がけてやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)