錠前新規取付 MIWA U9 DA

鍵のないドアに新しく錠前の設置工事です。
現在は常開放状態のガラスドア、こちらに加工しての取り付け作業を行います。

このように全く錠前はありません。

扉表面にシリンダーの穴をあけ、側面には錠ケースを設置するスペースを作ります。
表面はホルソーを使い、側面はドリルとレシプロソーで加工します。
しっかりと位置を決めればあとはガンガン加工していくだけです。
この最初の位置決めを失敗すると大変なので重要な作業です。

加工が終わり錠前を取付ました。
少し小雨の中での作業になってしまいましたがおよそ1時間弱で完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)